CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ゼッフィレッリのオテロ | main | フル・モンティ >>
ああ東京
0

    いま大阪に住んでいますが、私は東京生活が長かったんですよね。

    東京の嫌いなところは、人が多いところ。
    東京の好きなところは、人が多いゆえに、さまざまな生の舞台がたくさん見られたところ。
    大阪は劇場が少ない。美術館も少ない。いや、東京だけが多いのでしょう。世界的にもちょっと珍しいと思うのです。
    8月に歌舞伎座が再開するというので、行こうと思うのですが、正直なところ迷いもありますよ。実家に寄るのはやめておこうと考えています。
    関西の人が歌舞伎を好きになるきっかけって、少ないと思うんですね。東京に住んでいると、毎月やっているから、毎月見るでしょう。たまに見るのと違うんですよね。1回見て分からなくても、何度も見ていると分かるとか、1つの演目がつまらなくても、他の演目が面白ければ満足できるとか、先月はイマイチだったけれど、今月は死にそうなくらい感動したとか、文楽で同じ演目を通しで見ているから、見どりでも内容が分かるとか、そういうことは常打ちだから起こるのだと思う。関西だと、まず、時代物の上演が少ない。新作歌舞伎の上演が多いですよね。客が理解できる土壌がないのでしょう。そうすると、文楽との共通点も少ない。なかなか難しいですね。
    | よもやま | 21:25 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする