CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< オペラの演出 | main | ゼッフィレッリのオテロ >>
ワッツ・ザ・マター?
0

    アメリカを中心に、黒人差別に対して抗議する運動が起こっています。Black Lives Matterという名前が付いているそうです。

    ブラック・リヴズ・マター?
    ブラック・ライヴズ・マター?
    Blackは形容詞なのか名詞なのか?
    Livesは名詞なのか動詞なのか?
    Matterは名詞なのか動詞なのか?
    Matterってあれですか、「これは事業推進課マターだよね」「いや営業課マターだろう」など、仕事の押し付け合いの際に使われる用語でしょうか。
    マター、マター、LivesとMatterのあいだには何があるのだろうか?
    | よもやま | 20:50 | comments(2) | - |
    コメント
    ニュースを聞いているとブラック・ライヴズ・マターと発音しています。「リブス」なら動詞ですが「ライブス」なら名詞です。つまりBlack Livesで「黒人たちの命」という名詞でしょう。matterは「〜は重要だ」という動詞で、S+V文型なのだと思います。しかしmatterは辞書によると「否定文や疑問文で使う」とあります。よく聞くのがIt doesn’t matter.(そんなものは重要じゃない、取るに足らないものだ)、What’s the matter?(どうした? それが何だい)で、これらの軽視のニュアンスが強い言い方に対する反語的な言い方として「いや、黒人の命は重要だ」と、あえて肯定文にしているのでしょう。反撥する言い方だから「黒人の命『も』」と訳すのも自然かと思います(以上、ネットの書き込みで読んだ受け売りです)。しかし、一斉にこの言葉が使われたところをみると、もともと有名な言葉だったか、元になる似たような言葉(定形句)があったか、あるいは誰か影響力のある人が使った、ということかもしれません。
    | あらたか | 2020/07/10 8:37 PM |
    解説ありがとうございます。
    この1語だけで成り立っているのではなく、すでにあるものへの反抗を表している言葉なのでしょうね。
    ちょっと分かったような気がしてきました。
    | ふくきち | 2020/07/11 2:18 AM |
    コメントする