CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 光陰矢の如し | main | あれこれ >>
春は別れの季節
0

    上野の東京文化会館で、パリ・オペラ座バレエ団の来日公演が行われております。まずは最初の演目《ジゼル》5回のうち2回を拝見しました。私はこの作品自体にはそれほど強い興味はないのですが、とにかくジェルマン・ルーヴェのアントルシャがすごかった・・・。垂直飛びをして、滞空している間に足先をススッと交差させるという超人的技巧。凡人にはもちろん出来ない技だけれど、他の技に比べてそれほど難しいものなのかなあと疑問に思っていたのですが、ジェルマンはもう人間じゃないみたいだった。別の生き物を見ているようでした。クリオネを初めて発見した人のような気持ちになりました。そして、ドロテ・ジルベールのジゼルは、生きていない人っぽい雰囲気がよく表現されていました。

     ◎ ◎ ◎
    上野に行くと、JRの駅舎内にあるパン屋「アンデルセン」をよく利用するのですが、パンが1つ1つビニールで個別包装されていて、ビックリしました。今まではトレーの上にそのまま積まれていただけだったのに。今後ずっとそうするつもりなのでしょうか。
    そして最近、アンデルセンは味がかなり落ちたような気がする。
     ◎ ◎ ◎
    わたくし、この4月に大阪の国立文楽劇場へ転勤することが決まりますた。東京からの長距離の引っ越しが恐ろしい。もう、どうしていいのか分からない。平成16年3月に大阪から東京へ引っ越した時の地獄のような苦労の記憶が蘇ってきて恐怖を感じる。もう駄目。
    | よもやま | 20:11 | comments(2) | - |
    コメント
    うわー、いいじゃないですか関西!
    私も昨年生まれて初めて大阪に行きましたが、奈良も京都も滋賀も近いですし、島根も広島も行けますし、四国だって九州だって近い、って当たり前ですけど、いいですねー。京都観世も金剛も見放題ですね。井上裕久さんが町家で謡講をやっていらっしゃるようですね。疲れたら快速で4-50分乗れば琵琶湖の山々を眺めてため息ついたりできるじゃないですか、新宿池袋の人込みのなかでつくため息とは全然違うでしょう、羨ましいです。津和野あたりは毎週元気な神楽をやっているそうです。講談やバレエやオペラはやはり東京のほうが多いでしょうけれど、なにせ文楽劇場ご所属でしたらそれどころでないですね、素晴らしい!
    かつては地獄のご経験をされていたようで、こんなのんきなこと申してすみませんが、お身体に気をつけてご準備されますよう。大阪に行かれて歯ぎしりが治りますようにお祈りしております。ブログはぜひ続けてくださいね!
    | むむむ | 2020/03/02 9:45 PM |
    実は大阪勤務は2度目なのです。前回は仕事が忙しくて観光どころではありませんでした。今回はどうなのでしょうかねえ・・・。
    | ふくきち | 2020/03/04 11:09 PM |
    コメントする