CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
ゼッフィレッリのオテロ
0

    JUGEMテーマ:オペラ

    このブログも、同じことばかり繰り返し書いているオッサンの愚痴のようになっていますが、私ももう48歳ですから仕方ありませんね。
    私はフランコ・ゼッフィレッリのファンなのです。ゼッフィレッリは、オペラの映画も撮影しています。ストラータス主演の《ラ・トラヴィアータ》は、オペラに興味を持った最初の年にビデオを見ました。貸してくれる人が周りにいたんです。豪華な映像に夢中になって、何度も何度も同じ場面を見たものでした。イタリア内のどこかの宮殿で撮影されたのだろうと思っていたのですが、ほとんどが撮影用に作られたセットなんだそうです。そう思って見てみると、館の壁や扉に、透けているところがあったりする。現実には存在しない建物なんですね。この映像をきっかけにオペラにはまった人もいると聞きます。
    ところが、ゼッフィレッリが監督したもう1本のオペラ映画《オテロ》は、ずっと見ないままでした。貸してくれる人がいなかったということもありますし、それほど急いで見なくても、別に映画がなくなるわけではありませんしね。《オテロ》という演目に、それほど執着がなかったのかもしれない。私は、ドミンゴのオテロも、クーラのオテロも、生で見たことがありますが、それほど感動しなかったのです。残念〜。《オテロ》で感動したのは、フリットリがリサイタルで「アヴェ・マリア」を歌った時ですね。泣きましたねえ。《オテロ》で面白い場面と言えば、「イヤーゴの信条」とか、「アヴェ・マリア」とか、シェイクスピアの原作に存在しない場面が面白かったりしますね。シェイクスピアって、どういうところが面白いんですかねえ。
    そうして、ゼッフィレッリが監督した《オテロ》をいざ見ようかと思ったら、とっくの昔に廃盤なんです。中古でも、すごい高額になっている。何とか、日本語字幕付きのVHSテープを安く入手して、1年前くらいですか、やっと拝見しました。愛の二重唱のあいだに、子供の頃のオテロの回想シーンが挿入されていたりして、時間の流れが重層的になっていました。ネタバレで恐縮ですが、普通ですと愛の二重唱の後に2人で寝室へ向かうわけですが、この映画では違っていて、愛の二重唱の終わりのシーンで何と「翌朝」になっている。その朝の美しさときたらもう、まるで動く絵画みたいなんですよ。馴染みの音楽に、これまでとは別の意味が与えられたかのような衝撃でした。
    ゼッフィレッリとしても自信満々の映画だったみたいですけれども、なぜか廃盤となって、すっかり過去のもののようです。
    オテロはドミンゴの当たり役で、かなり長期間にわたって歌い続け、映像も何種類か出したわけですが、何だか肌の色がだんだん薄くなっていますよね。昔ははっきり黒く塗っていたのに。2001年スカラ座のDVDなどは、ジャケット写真を見ても、何の役なのか分からないくらいです。
    現在では、世界的に、オテロ役を歌う時に肌を黒く塗るのはNGなのだそうです。駄目と言われても、黒く塗らないで黒人をどうやって演じるのか、よく分からない。男が女を演じ、若者が老人を演じるように、どんなに離れていようとも、自分と違う存在になるのが演技というものなのではないのでしょうか。心で黒人になるのでしょうか。声で黒人になるのでしょうか。それとも、黒人でなくてもよいことにしたのでしょうか。
    とは言っても、黒人差別の歴史は、私たち遠国の者には想像もつかないほど過酷なものだったので、それがために、このような流れになってしまうのですね。仕方ありませんね。日本で《オテロ》が上演される時は、今後もまだ黒く塗るんじゃないかと思いますけど、どうでしょう。
    ちなみに、ゼッフィレッリが監督を務めた映画に『トスカニーニ』という作品があり、この中で黒人奴隷の解放がちょこっと描かれています。
    | オペラ | 23:07 | comments(0) | - |
    オペラの演出
    0

      JUGEMテーマ:オペラ

      オペラの舞台というものは、予算があれば演出が豪華になり、逆にお金がなければ演出が簡素になります。もちろん歌舞伎の演出も予算に左右されますけれども、オペラほどには振幅が激しくないと感じます。オペラは予算がないと、衣裳がみんなスーツ姿になったり、演奏会形式になったり、合唱の出演場面をカットしたり、オーケストラの人数を減らしたり、ピアノ伴奏になったり、どんどん省略形になっていきますね。
      オペラというものは、フィレンツェで誕生した時には、劇場ではなく貴族の宮殿内でしたし、おそらく舞台装置はなかったのでしょう。しかし、のちに貴族の結婚式で上演された時などは、金に糸目を付けずゴージャスな祝典劇となったでしょう。そこまででなくても、貴族の娯楽ですから、予算がないということはあまり考えられませんね。とは言っても、むかしは電動の迫りも、スライド舞台もありませんし、だいいち電気照明がなかったのですから、演出の豪華さにも限界があっただろうと思います。
      そう考えますと、オペラの歴史で一番豪華な舞台は、フランコ・ゼッフィレッリ演出の舞台だったのではないかと私は思うのです。これは、映画撮影の手法を舞台に持ち込んだ、という面があったのでしょう。映画の世界では、撮影所の中に街を1つ作ってしまう、というようなことがありました。ローマの町並みをセットで再現してしまったりするのです。「まさか、そんなお金の使い方をするなんて」という、ちょっと異常な世界でした。映画に比べて格段に観客数の少ないオペラにも、同じように、それだけの資金を集める別の力があったのですね。私は、ゼッフィレッリ演出の《アイーダ》や《トゥーランドット》、《ラ・ボエーム》などを生で見て、本当に衝撃を受けました。それは、たいへん幸運なことでした。映像も出回っていますが、実際に見てみないと、本当のすごさは分からないと思います。
      | オペラ | 22:01 | comments(0) | - |
      《カルメン》は下品?
      0

        JUGEMテーマ:オペラ

        ジョルジュ・ビゼー作曲のオペラ《カルメン》は、初演時に不評で、大失敗だったと聞いています。初日には、幕を追うごとに客が減っていき、第4幕ではほとんど客が残っていなかった、という話まであります。失敗の原因は「内容が下品だったから」だとか。けれど《カルメン》って、下品なんですかねえ?確かに、上品ではありませんけれども。宿無しの窃盗団、移り気な主人公。高校生のためのオペラ鑑賞教室には向いていない。しかし、たいていのオペラって、あんまり上品じゃないですし、世の中にはもっと下品なものがたくさんあるのでは?
        先日、オペレッタ『天国と地獄』と、ミュージカル『ミス・サイゴン』のDVDを見たのですが、あまりの下品さにビックリでした。オペレッタやミュージカルの世界では、どこかで「世界下品コンテスト」が実施されていて、金賞めざして熾烈なデッドヒートが繰り広げられているのだろうか、と訝るくらいに下品です。ところで、おや?『天国と地獄』の2人の台本作家のうち、リュドヴィク・アレヴィは、《カルメン》の台本を手がけた人ではありませんか。
        『天国と地獄』・・・1858年初演
        《カルメン》・・・1875年初演
        リュドヴィク・アレヴィの、すでに持っていた「猛烈に下品なイメージ」が、《カルメン》初演失敗を招いた遠因だったのではないか、という気もしてくるのです。
        このリュドヴィク・アレヴィは、ビゼーの奥さんのいとこで、ビゼーとは旧知の仲だったそうです。
        それから、《カルメン》初演の初日には、客席にオッフェンバックも来ていたのだそうです。
        狭い世界なんですね・・・。
        日本では、作曲家の人生についてはたくさんの解説が出ていますが、台本作家については、あまり知られていないように思います。台本作家は、作曲家を渡り歩いて、作風を伝播させていく側面がありますね。才能って、不公平にも、同じ人にばかり集まるんですねえ。
        | オペラ | 10:15 | comments(0) | - |
        リゴレットの不思議
        0

          悪魔のような廷臣たちは、ジルダのことを「リゴレットの愛人」だと勘違いしているじゃないですか。「まさかリゴレットに娘がいるはずがない」と思っているわけなんですよね。愛人がいるのでも信じられないのに、まして娘なんて?あのリゴレットに?

          ところが、本当にいるのであった。
          わりと幸せな人だったはずなのに、自分で不幸を呼んでしまった。
          ヴィクトル・ユゴーの原作は、なぜ読まれなくなったのだろう。時代が変わったからだろうか。読んでみたらつまらないのかな。

          JUGEMテーマ:オペラ

          | オペラ | 22:59 | comments(0) | - |
          藤原歌劇団《リゴレット》
          0

            藤原歌劇団の《リゴレット》を両日とも見てきました。どちらのキャストも良かったのですが、オーケストラ(日本フィルハーモニー交響楽団)は2日目の演奏のほうが圧倒的に出来が良く、総体として2日目のほうが感動しました。まるで別のオケのようでした。何だったのでしょうか。

            1日目のジルダを歌った佐藤美枝子さんは、「一体どこでブレスをしているのだろう?」と思うほど長い旋律を保っていて、緻密に計算された歌唱でした。アリア「慕わしい人の名は」の最後に、聞いたことのないようなカデンツァを付加していて、まるで天上への階段を上っていくかのようでした。そして、オーケストラはその名人芸の伴奏をしているだけ、という感じだった。
            笛田博昭さんは、第一幕の二重唱、第二幕冒頭のアリア、どちらも最後の高音を下げて歌っていました。でも良い声でしたけどね。村上敏明さんは高音を出していました。マントヴァ公爵の衣裳はかっこ良かったですね。第一幕のマントも綺麗でした。村上さんのサイン入りブロマイドを買ってしまいました。
            1日目は、脇役の中に声の出ていない人が混じっていました。
            1日目のマルッロ役の月野進さんは、リゴレットに対して冷酷になり切れない演技をしていて、珍しいマルッロでした。
            2日目のモンテローネ伯爵を歌った村田孝高さんは、これなら呪いがかかるなと思わせる熱唱でした。
            第二幕の終わりの二重唱(リゴレットとジルダ)は、「だんだん速く」という指定が楽譜に書かれているのではないかと思うのですが、速くならない演奏もよく出くわすのですが、どうなっているのでしょうかねえ?
            リゴレットは、どちらも良く練られた演技をしていて、両キャストの違いを楽しめました。歩き方の違いが面白かったですね。
             ◎ ◎ ◎
            このオペラは「呪い」が主題となっていますが、呪いって、実際に効くと思いますか?私は、当然効くものと思っています。
            | オペラ | 21:55 | comments(0) | - |
            冬の夜の夢
            0

              新国立劇場の来シーズンのオープニング公演が、ブリテン作曲の《夏の夜の夢》だそうですけれども、うっ、1度も見たことがない作品である。「そういう作品が存在する」ということは、うっすらと知ってはいましたが、コンサートでアリアを歌うような作品じゃないんですよね。

              バレエでは見たことがあります。それから宝塚歌劇団で、『真夏の夜の夢』を題材にしたミュージカル「PUCK」というのも見た。
              シェイクスピアの芝居としては、あまり上演されませんけれども、映像では見たことがあるような気がします。もう、むかしのことで忘れてしまいました。インドからさらってきた子供を、どちらの奴隷にするかで夫婦喧嘩する話でしたっけ?好きになる相手を、ドジな妖精がコントロールしようとして間違える話でしたっけ?
              原題は「ミッドサマー」なのに、なぜ「真夏の」ではなく「夏の」になるのでしょうかねえ?

              JUGEMテーマ:オペラ

              | オペラ | 07:00 | comments(2) | - |
              アメリカの中のロシア語
              0

                海外の歌劇場って、客席内の天井にシャンデリアが下がっているイメージがありますよね。

                ニューヨークのメトロポリタン歌劇場は、天井の真ん中に大きめのシャンデリア、そして天井のぐるりに小さめのシャンデリアが吊ってあります。メトは6階席まである巨大な空間なのですが、小さめのシャンデリアはけっこう下のほう(3階席あたり)までぶら下がっていて、開演直前にツツーッと一斉に上へと上がっていくのです。シャンデリアがキラキラしながら上のほうへ昇っていく様子は、実に高揚感をそそり、舞台への期待がいや増していくものでした。
                ロビーにも同じ系統のシャンデリアが下がっているのですが、本当に綺麗なんですよね。ウィーンから贈られたロブマイヤー製らしんですけど。
                METライブビューイングでも、よく映っているのではないかと思います。(最近全然、見に行っていない)
                半蔵門の国立劇場にもロビーにシャンデリアが下がっているのですが、あんまり綺麗じゃなくていつもガッカリです。
                ずいぶん前に、メトのチケットをウェブ予約したことがあるのですが、それ以来、メトのメールマガジンが頻繁に送られてくるようになりました。その送信頻度、写真を多用した訴求力の高さ。半蔵門の国立劇場のメールマガジンの1000倍くらい工夫されているのです。メトのオリジナルグッズの宣伝メールもよく送られてきます。オペラを題材にしたアパレル用品とかアクセサリーとか、有閑マダムが好みそうなグッズが多いのですが、その中に、メトのシャンデリアを図案化したイヤリングがあり、「スプートニク」という名前だったのです。どうやらメトのシャンデリアって、現地では「スプートニク」と呼ばれているらしい。オーストリアから贈られた、アメリカの歌劇場のシャンデリアが、ロシア語の名前であるのは変ではないか?と思ったのですけれども、少し検索してみたところ、メトに限らず、このような放射状の形をしたシャンデリアを遍く「スプートニク」と呼ぶみたいなんです。
                いずれにしても、アメリカの中にロシア語が入り込んでいることに対して、新鮮な驚きを感じたのでした。

                JUGEMテーマ:オペラ

                | オペラ | 21:19 | comments(0) | - |
                マリア・カラスのホログラム
                0

                  大晦日の紅白歌合戦で、「AI美空ひばり」の新曲披露というのが放送されました。私も見ていたのですが、声も姿も全然似ていませんでしたね。あれをご本人がもし見たら何と思うのでしょうかねえ?

                   ◎ ◎ ◎
                  マリア・カラスのホログラムが歌うコンサートというのが5月にオーチャードホールで開催されるのだそうです。カラスの録音から声だけ抜き出して、オーケストラは生演奏らしいんですけど。すでに数か国で上演されているらしいのですが、プロモーション映像がYouTubeで見られます。似ていない。似てないよ!おおお。
                  しかし、「歌声はカラス本人でオーケストラは生演奏」という形式は、なかなか良さそうな感じでした。カラスの時代の録音は技術的に拙いものがありましたけれど、それでも人間の声は比較的綺麗に録れているんですよね。一方、オーケストラの音はかなりひずんでいる。声だけを綺麗に取り出せるものなのでしょうかねえ?別トラックで録音した音源なのでしょうか。

                  JUGEMテーマ:オペラ

                  | オペラ | 07:00 | comments(0) | - |
                  マイ・ロドルフォはマルチェッロ
                  0


                    長く舞台を見ておりますと、「この演目に関しては、あの時の舞台が最も感動的だった」「それを超える配役は、もう現れそうにない」と感じることがあります。
                    それは、あくまでも「私にとって一番」というだけで、他の人の一番とは違う。

                    オペラで言えば、
                    その演目を初めて見た時、
                    アリアのメロディを覚えた頃、
                    重唱を覚えた頃、
                    隅から隅まで覚えた頃、
                    その作品に飽きてきた頃、
                    どの段階で接した舞台であるかによって、自分の感じ方もずいぶん変わってきます。一般的に「最高の舞台」というものは、比較的早い段階で訪れるものなのではないかと思っているのですが、「もう少し遅くに出会っていれば、もっと感動できた気がする」という場合も確かにあるのです。

                    私にとっての最高の《ラ・ボエーム》は、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で見た舞台でした。私はニューヨークに5回行ったことがあり、フランコ・ゼッフィレッリ演出の豪華で美しい《ラ・ボエーム》は、たびたび拝見しました。メトで最も上演頻度が高い演目だと思います。何回も見た中で、たしか2回目に、マルチェッロ・ジョルダーニのロドルフォ、クリスティーナ・ガッラルド・ドマスのミミの配役で見た時は、息ができなくなるほど感動して泣きました。それが私にとっての最高でした。

                    未来のことを考えますと、昨年聞いたフアン・ディエゴ・フローレスの「冷たい手を」は実に素晴らしい歌唱でした。しかしフローレスは、全曲は手がけなさそうです。
                    私がいま最も注目しているテノールはセルソ・アルベロです。彼は、生まれ故郷の関係で、「クラウスの後継者」と言われることが多いようですが、声質や容姿から言って「パヴァロッティの後継者」のほうが相応しいのではないかと私は思っています。今年、中東でロドルフォのロール・デビューを予定していると、アルベロの公式サイトに出ていたと思うのですが、いま見たら情報が消えていた。(?!)

                    やっぱり、あの時の舞台が最高だったのかなあ、と思う。
                    マルチェッロ・ジョルダーニは、昨年、56歳の若さで急逝されました。私の記憶の中では永遠のロドルフォであり、最高に格好いいままです。

                    JUGEMテーマ:オペラ

                    | オペラ | 17:58 | comments(0) | - |
                    数字で見る新国立劇場
                    0

                      平成30年度(平成30年4月〜31年3月)

                      新国立劇場の主催公演の記録
                      分野 公演数 公演回数

                      有料

                      入場者数

                      有料

                      入場率%

                      オペラ 10 52 81,795 87.9
                      バレエ 7 45

                      70,704

                      90.4
                      現代舞踊 4 16 6,314 84.2
                      演劇 8 162 55,931 90.5
                      現代舞台芸術
                      分野  合計
                      29 275 214,744 89.3

                       

                      | オペラ | 22:10 | comments(0) | - |
                      | 1/3PAGES | >>